ORACLE PFILE<==>SPFILE

user-pic
0

Oracle9から

oraXXXX.iniというPFILEでなく

だけではなく

バイナリのSPFILEができ、

そっちが優先読みされるようになった。


相互に内容を書き写せる。


CREATE SPFILE FROM PFILE;


を実行することで、

PFILEの内容をSPFILEに反映します。


逆に

CREATE PFILE FROM SPFILE;

を実行することで、

SPFILEの内容をもとにPFILEを作成します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atomsware.co.jp/mt/mt-tb.cgi/115

コメントする

このブログ記事について

このページは、しまっち2005年3月 4日 22:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WSHで」です。

次のブログ記事は「リッチクライアント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。