システム

システムとは

「入力・変換・出力の三要素から構成される単位」を意味する概念
「特定の仕事を行う単位」を意味する概念
個々の要素が意味のあるひとまとまりになった単位。

サブジェクトがある決まったビジネスルールに基づきオブジェクトに対し仕事の依頼を行う。
このことにより仕事を成り立たせる仕組みを見出すことを「システム化」という。

システムを導入する企業は、コスト対効果を考えシステムを要求しなければない。そうすることで、何が優先でなにが後回しでよいか明確に判断できる基準を持たなければならない。

システムを導入することで何かを自動化し、人間がする仕事を減らさなければ意味がない。

システムを構築する人は、物事を汎用的に捉え、シンプルなシステムを提案し構築しなければならない。
例外を例外でなくするように物事を考える必要がある。

我社の使命は、「システムを構築する人のためのシステム」を提案し構築していくことである。

システムエンジニア

システムエンジニアとは

簡単にいうと
人間が行っている仕事を
人間がわかる文章に表し、
コンピュータがわかる文章に翻訳する人。

そこから発展して、
システムを作ることを仕事とする人の総称になってしまっている。

本来、業務知識保有者であり、システムの理解者である。
業務をシステム化できる人のみを呼称すべきである。

ちなみに、
システムエンジニアは業務要件を決めることはできない。
業務要件を決めるのはシステムの発注者。
システムエンジニアは、最後まで発注者が決められないこと程、柔軟にシステム化できる人。

システムエンジニアは、業務要件を体系的に整理し、
シンプルで、堅牢で、柔軟なシステムを設計する人のこと。

システムエンジニアは、業務要件を聞いたり相談にのれ、かつ、システム設計ができる人。

システムエンジニアは、システム設計もシステム化できる人。