フレームワーク

フレームワークとは

「骨組み、枠組み、足場」を意味する。

コンピュータシステムを作るとは、オブジェクトを洗い出し、設計するだけのことではない。それだけでは成立しない。サービスを提供して初めてシステムを作ったことになる。
サービスを成立させるためには、イベント(トリガー)から、どのオブジェクトのどのメソッドがどのような順序で呼ばれるべきかを制御しなければならない。

乱暴な言い方をするとサービス毎にメインプログラムを作成しなければならないが、このメインプログラム差分分析し、共通化したもの(制御ロジックの共通化)が、フレームワークといえる。

アプリケーションフレームワークは、

  1. 開発工数の短縮化
  2. 品質の均一化
  3. メンテナンス性の向上

が求められる。

プログラム

プログラムとは

コンピュータにさせる仕事の手順書のこと。
コンピュータでプログラムを作る作業をプログラミング(programming)と呼ぶ。
プログラミングでは、最初にコンピュータで行いたい仕事のために、プログラマがコンピュータになったつもりで、アルゴリズムを作る。
作ったアルゴリズムに従い、それを特定のプログラミング言語で記述する。
その記述された手順書がプログラムである。