EXCELdeDB

テスト実施前のデータ投入・実施後のテストデータの取得
を行うためのテストデータ管理を行うためのツールです。

現在対応しているのは、SQL SERVER、ORACLEです。
Office のバージョンは、2010です。

システムを開発しやすい環境にすることを目的としています。

※バイナリデータの取り扱いに迷っていますが、
 BLOBやバイナリデータを取り扱わなければ、使えるかと思うので
 ベータ版でリリースします。

 不具合は、どんどんお知らせください。

連絡先メールアドレス: sysman@atomsware.co.jp

Oracle

OraOLEDBが必要になります。Oracle Clientをインストールしてください。
MS-SQL

SQLOLEDBが必要になります。Microsoft SQL Server Native Clientをインストールしてください。

使い方

データ取得

  • 図の1にDBへの接続情報を入力します。
  • 図の2のボタンを押下してDBへの接続確認を行います。
  • 図の3のボタンを押下すると図の1のユーザの保持するテーブル一覧が作成されます。
  • 図の6に取得したいテーブルの行に○を入れます。
  • 図の4のボタンを押下すると各テーブルごとのシートが作成され、データが取得されます。(図の1のMaximum numberを最大取得件数とします。)
    !データ更新
  • 各シートのデータを更新します。
  • 図の7に更新したいテーブルの行に○を入れます。
  • 図の5のボタンを押下すると各シートの内容でテーブルを更新します。
    !シートの初期化
  • 図の8のボタンを押下するとシートを初期化します。

ダウンロード

EXCELdeDBv0.94.zip — 2016/2/22 47896 バイト

サポート情報

Q. データ型はサポートされていませんのエラーがでる。
A. OracleのTimestamp型にMS-ADOが対応していないために発生します。 Timestamp型をDate型に変更するか、.Netをインストールすることで解消するようです。